ハワイとのデュアルライフを目指す複業会社員の趣味ブログ

NO-BOZU

育毛基礎知識

血行不良が原因かも?つむじはげの対策に効果的なマッサージと注意点

更新日:

マッサージを行って頭皮の血流量をアップさせる方法

血行が悪くなりやすいつむじに効果的なはげ改善マッサージ

身体の最も上にあるつむじは、物理的な要因で他の部位よりも血流が滞りやすくなっています。血行不良の影響を受けやすいため、育毛のために必要な栄養や酸素などが不足しがちになり、はげてしまいやすいのです。

元々冷えが気になる方、頭皮が赤くなっている方などは血行不良を疑い、対策することをおすすめします。放置してしまうと摂取した栄養が上手く髪の毛に行き渡らないだけではなく、育毛剤などを使用して外部から成分を補給しても吸収されづらくなってしまい、効果的な改善を行えません。栄養を得られなくなった髪の毛は抜け毛になりやすく、どんどんはげが進行していきます。

  • 髪の毛のハリやコシがなくなってきた
  • つむじが大きく分かれて地肌が目立つ
  • 頭皮が硬い

こうした状況を解消するためには、頭皮マッサージがおすすめです。マッサージによって頭皮を動かしたり、周辺の部位を刺激することで、温まって血の巡りがよくなります。

より効果が得られる頭皮マッサージの方法

まずは耳の周りを最初に揉み解すことによって、リンパの流れを向上させ、頭皮全体の血液の流れをアップします。両耳の後ろに指の腹を当てて、大きく円を描くように10秒から20秒程度動かすようにしてください。側頭部を揉み解したら徐々に指を頭頂部まで移動させてマッサージをします。

つむじの周りに到達したら、今度は頭皮全体を掴むように指を広げて頭皮を骨から引き剥がすように揉んでいきます。30秒程度の短い時間で構いません。円を描きながら次に後頭部、前頭部などにも指を動かしていきましょう。仕上げに頭頂部にある百会のツボを1回に3秒ほどを目安に指で押します。3回ほど繰り返して終了です。

首や肩の血行促進も必要

心臓から送られてくる血液が身体の上部にある頭に届けられるように、その通過点となる首や肩の血行もよくしておかなければなりません。頭皮マッサージを行う際、同時に首や肩もケアするのがおすすめです。現代人の悩みの種でもある凝りの改善にも繋がりますし、リンパの巡りがよくなるため、頭皮に不必要な老廃物も排出されやすくなります。

首を傾けて、筋をゆっくりと伸ばしていきます。時間は左右で10秒程度。次に、10回ずつ左回りと右回りで首を回しましょう。肩も前、後ろと10回ずつ回します。簡単な動きですが、スッキリする上に体が温められて効果的です。

頭皮マッサージを行うタイミングや注意しておきたいこと

身体が温まっている時がより効果的

1回5分程度で終わる頭皮マッサージは手軽なものですが、負担にならないよう朝晩の2回程度に留めておくのが賢明です。

また、刺激によって細胞を活性化させることを目的としているため、入浴後など身体が温まり血液の循環が活性化しているタイミングで行うことをおすすめします。入浴後に薄毛対策のために育毛剤を使用している方も少なくありませんが、育毛剤を使用しながら同時に頭皮マッサージを行えば成分の浸透率も上がるので、一石二鳥です。

爪を立てて強く刺激をしすぎないこと

マッサージを行う際は、必ず指の腹を利用して爪を立てないように気をつける必要があります。また、力を強く入れすぎてしまうと余計に抜け毛を増やしてしまうことになりますから、気持ちいいと感じられる程度に調整することも大切です。

頭皮マッサージは継続的に行うこと

育毛剤の効果と同じく、頭皮マッサージは一朝一夕で効果が出るものではありません。習慣づけて長期的にケアを行っていく必要がありますので、意識して続けていくことが大切です。徐々に頭皮が柔らかく変化していき、頭皮環境が向上していくことでしょう。

スポンサーリンク

-育毛基礎知識

Copyright© NO-BOZU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.