ハワイとのデュアルライフを目指す複業会社員の趣味ブログ

NO-BOZU

AGA治療

AGA(男性型脱毛症)とは?薄毛になる原因やメカニズムを解説

更新日:

AGAの特徴

AGAについて

AGA(Androgenetic Alopecia/男性型脱毛症)は、20〜69歳の成人男性が抱える薄毛原因の9割を占めるといわれる症状です。国内には約1200万人以上のAGA患者がいるといわれています。生活習慣の改善や栄養を補給するタイプの育毛剤では治療できないので、発症後は病院やAGAクリニックなどに通院して治療する必要があります。そして近年はFAGA(Female AGA/女性男性型脱毛症)と呼ばれる女性のAGAも増えており、その数は国内で600万人以上だと推測されています。

主な症状

髪の毛には「成長期」「退行期」「休止期」という3種類の時期が存在しています。成長期に髪の毛の成長が始まって太くて長い状態に変化し、退行期に成長が鈍り始めて休止期にストップします。しかし、AGAを発症すると成長期が大幅に短縮されるので、髪の毛が十分に育つ前に退行期に移行します。

そのため細くて短い髪の毛が増加して、主に前髪の生え際やつむじで薄毛や抜け毛が目立ち始めます。そしてAGAは発症すると時間経過に応じて症状の進行速度が増していくので、治療開始の時期が遅れるほど治療が難しくなります。そのため発症後はできるだけ早い段階でAGA対策を始めることが大切です。

発症原因

AGAの原因物質といわれるのがジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種です。ジヒドロテストステロンが増えると髪の毛の成長期が短くなるため、髪の毛が痩せ細って薄毛が進行したり、抜け毛が増えてはげが目立つようになります。

ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響で体内のテストステロンが変異した際に誕生しますが、5αリダクターゼを生成しやすかったり、その影響を受けやすい体質は両親や母方の祖父から遺伝します。そのため親戚にAGAを発症した人間がいる場合は、将来的にAGAを発症する可能性が高いといえます。

AGAの対策方法

内服薬

AGAの代表的な治療成分がフィナステリドとミノキシジルです。フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるので、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成量を間接的に減らす効果を発揮します。そのためフィナステリドが配合された内服薬を使用するとAGAの進行を抑制できるので、髪の毛の成長期を正常に戻して前髪の後退やつむじはげなどを改善する効果を得られます。

そしてミノキシジルにはAGAの影響で脱毛した頭皮の発毛を促進する効果があります。ミノキシジルが配合された内服薬を使用すると成長因子の分泌が促進されて、髪の毛の元である毛母細胞や髪の毛の成長に必要な栄養分を供給する血管などが増加します。そのためAGAの影響で失われた髪の毛を復活させる発毛効果を得られます。多くの病院やAGAクリニックでは、フィナステリドでAGAの進行を抑えて、ミノキシジルで髪の毛を増やすという形でのAGA治療を行っています。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、注射針を使って頭皮に様々な育毛成分を注入する治療法のことです。AGAを治療する場合は、主にフィナステリドやミノキシジルなどの代表的なAGA治療成分を頭皮に注入します。内服薬は内蔵を通過するので全身に分散して治療効果が薄れたり、男性機能の低下や肝機能障害などの様々な副作用を発症するリスクがあります。しかし、育毛メソセラピーはAGAの治療成分を頭皮に直接注入するので、治療効果を頭皮に集中できる上に副作用を発症するリスクを大幅に下げられるというメリットがあります。

自毛植毛

AGAの症状が進行して頭皮の毛根が死滅すると、育毛剤やAGA治療薬などを使用しても髪の毛を増やせません。自毛植毛はこうした重い症状の治療に役立つ対策方法です。側頭部や後頭部などの薄毛や抜け毛が起きにくい部位に生えている自分の髪の毛を、すでに脱毛が進行した部位に移植する植毛のことを自毛植毛と呼びます。

通常の植毛は施術を終えた後に定期的なメンテナンスが必要な上に、移植した髪の毛が頭皮に合わないと抜け落ちます。しかし自毛植毛は自分の髪の毛を使用する植毛なので拒否反応が起こりにくく、基本的に施術後のメンテナンスが不要です。

スポンサーリンク

-AGA治療

Copyright© NO-BOZU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.